ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

カテゴリ:木の家 古民家( 127 )

入居宅訪問 その2





煙突掃除2軒目。

ここは薪調達も自前でされていて
今シーズン用の薪があちこちにストックされている。



c0212823_13351456.jpg

c0212823_13361809.jpg



家の周りは雑木林



c0212823_13355624.jpg



太陽光温水器はよく働いてくれているらしい



c0212823_13335260.jpg


c0212823_13353403.jpg


窓からの眺めが素晴らしい


c0212823_13360460.jpg


屋根の上に突き出した部分の煙突も
掃除するから


c0212823_13361084.jpg


こんな風に屋根の勾配に合わせられる
脚立もあるんだね


c0212823_13354079.jpg



腰屋根は薪ストーブの煙突を抜くために設ける

基本の大屋根に煙突の穴など開けたくないからね
船底に穴が開くようなもんだから・・・


c0212823_13362534.jpg



かなりの煤が煙突の中から落ちてきました



c0212823_13334241.jpg



もう冬はすぐそこ




[PR]
by shigezo09 | 2017-11-11 13:50 | 木の家 古民家 | Comments(0)

入居宅訪問 その1




薪ストーブシーズンに入る前の煙突掃除にお供して
お施主さん宅を訪問した。


c0212823_10572033.jpg



庭に雑木がたくさん植わっているから



c0212823_10591477.jpg




門の向こう側に



c0212823_10572575.jpg
c0212823_10572941.jpg



紅葉の見頃はもう少しあとかな?



c0212823_10573323.jpg



で、ストーブの掃除。

よく乾いたマキを燃やさないと
煙の通り道は全てタールが付着してしまう。

あまり放っておくと
ある日突然タールが着火して・・・

怖いことになることもあります。

今回のタールはなかなか簡単には取れなかったので
持ち帰って掃除することになりました。

(続く)





[PR]
by shigezo09 | 2017-11-09 11:05 | 木の家 古民家 | Comments(0)

現場の秋





現場が始まった。
まずは丁張りから。



c0212823_10210442.jpg



周りを雑木林に囲まれた敷地。
このあたりの景観は関西とは思えないほど。


その雑木林の中を散歩してみた。



c0212823_10234862.jpg
c0212823_10235407.jpg



きのこがちょこちょこ出ている。

以前は子供でも一抱えほどの松茸が短時間で採れたらしい。



c0212823_10235001.jpg



松茸の香りがしたきのこ

雑木林に芝刈りなどの人手が入っていた頃は
林の中の風通しがよかったらしい。

松茸が出なくなった理由の一つかもしれない。



c0212823_10210953.jpg



某所を尋ねたらたまたまその施設の閉所イベントの日だった。

そこも今度の現場と同じように
雑木山に囲まれた日当たりの良い空間で
とても気持ちのいいところだった。

すぐ近くにこんな清流が、、、



c0212823_10210626.jpg



夏にはたまらない遊び場だね




[PR]
by shigezo09 | 2017-11-09 10:38 | 木の家 古民家 | Comments(0)

現場から





季節外れの超大型台風が接近しつつあるけど
現場の方はどんどん進んでいる



c0212823_21312779.jpg



居間の周囲を空中廊下が
グルリとまわって・・・はいない。(笑)



c0212823_21231911.jpg



空中廊下
猫の天国?



c0212823_21234000.jpg



空中廊下の反対側はユニットバスの上
ここの有効利用する予定?



c0212823_21235834.jpg



空中廊下から居室スペースを見下ろす
上から下を見ても案外おもしろくないものだね




[PR]
by shigezo09 | 2017-10-21 21:29 | 木の家 古民家 | Comments(0)

小さな家の現場報告




先日棟上げした小さな家の現場はサクサクと進んでいる。



c0212823_17284987.jpg





立派なユニットバスも据えられた。
このコンパクトな家にもかかわらず
バスのサイズは1216/フツーのサイズです

洗面・脱衣・トイレのスペースをまとめたのが
マルコメ味噌だったな。



c0212823_17281725.jpg



玄関側(北側)から居室スペースの方(南)を
眺めたらこんな感じです。

小屋裏スペースが天井の高い部分をぐるりと
回っているんだなぁ〜


c0212823_17282308.jpg



そのうち寝床にある部分がここらあたりで
ここだけ床の高さが30センチほど上げてあって
収納にあてられてる。

天井部分も収納になるよに
工夫されることになってるだなぁ〜


c0212823_17280932.jpg



西から東方向を見た感じ
東側の壁面には厨房設備が配置されるんだ

では外へ出てみよ〜



c0212823_17262901.jpg



家は小さくてもで入り口にはしっかりした面積の庇は必要だ。

玄関庇を支える柱はなんとサビ柱で
本来は数寄屋建築で使われるものだけど
ここでは惜しげも無く使われてるぜ
(一部口調がイマーノ風になってます)



c0212823_17280468.jpg




道路際にこんな看板が設置されてる



c0212823_17263520.jpg



現場にはなんとモバイルハウスが
道具入れとして据え置かれている。

お施主さんがこのままにしておいて・・・
と要望されることを想定してのことか?(笑)

ちなみにこの杉でできたモバイルハウスは
どなたでも購入可能です。



c0212823_17275747.jpg



まあそんなこんなで
ご機嫌な現場からでした!




[PR]
by shigezo09 | 2017-10-16 17:43 | 木の家 古民家 | Comments(0)

ヨイトマケ




この日曜日、久しぶりにヨイトマケがあった。




みんなで輪になってロープを引くだけの
単純な作業に
これからのニホン地方に
なくてはならない
大切な鍵が埋め込まれている

化石のような伝統ではない
人が地球で楽しく暮らしていける文化だ





[PR]
by shigezo09 | 2017-08-08 11:17 | 木の家 古民家 | Comments(0)





土壁の準備が始まりました。
まずは土を寝かすところから・・・



c0212823_08594632.jpg




床面積35坪、内部の間仕切り壁まで土壁となると
土の量もかなりのもんです



c0212823_08595234.jpg




藁を切る道具
お山の家にもあるな〜



c0212823_08595793.jpg




切った藁を混ぜていきます




c0212823_09000246.jpg




余った藁は・・・




c0212823_09000675.jpg




このように束ねておきます



c0212823_09002262.jpg



こうしておけば
また使えるのです





[PR]
by shigezo09 | 2017-07-11 11:26 | 木の家 古民家 | Comments(0)

チーム古民家出動! vol.5




家の中をもう少し・・・



c0212823_19022066.jpg




古民家でしかも玄関土間で
開き戸(おまけに親子!)とはとても珍しい




c0212823_19022482.jpg




南側の庭に井戸があった。
こういう水っけのものは南側がいい。
湿気がたまらないからね。




c0212823_19020566.jpg




西側は茶畑が広がっていた。



c0212823_19015290.jpg




近所のおじさんがいきなり登場して
映画のフィルムを見せてくれた。



c0212823_19015718.jpg




これも同じくこの家で眠っていた台所道具。
ガスコンロの上に置いて使う簡易オーブン。



c0212823_19023059.jpg




ところ変わって、見学を終えた一行で
あたらしくできたらしい蕎麦屋へ向かった。

お店はセルフで改修された古民家だった。
大阪から越してこられたそうな。

そんな話をしながら
打ち終わったそばを見せてくれた。

がんこそうだけど
話したら気安い感じのおじさん。




c0212823_19023736.jpg




本来は2種類のそばを食べさせてくれるらしいけど
ぼくらは予約なしでいきなり来たので
蕎麦粉がもうなくてヒトによって1種類になった。

で、ここのそば・・・
美味しかったよ。

店主さんが何度も繰り返して
「なにも浸けずに食べてみて」
「それからこの塩に少しつけて」
と言われたので
その通りに何も浸けずに食べたら

甘味と旨味のあるなんとも不思議な
未体験の蕎麦の味でした。

こりゃあツユなんて浸けて食べるのは勿体ない!

続けて塩を付けて食べてみたけど
やはりナニもつけないのが良かったです。

ちなみに蕎麦茶も今まで飲んだものでも
間違いなくベストでした。



c0212823_19024425.jpg



こういう素朴な感じの店です。

どうしても行ってみたい方は
僕にこっそり?連絡ください。(笑)




[PR]
by shigezo09 | 2017-06-08 19:04 | 木の家 古民家 | Comments(0)

チーム古民家出動! vol.4




今朝方、大遠征から帰ってきたら
お山の家は寒くって
上はフリース、下は秋冬用の作務衣ズボンでちょうど

遠征中はまたまた何軒も古民家を調査見学して
もう古民家博士になってしまいそう・・・(笑)



  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪



今度の古民家は某県某村のかなり奥まったとこだけど
東西に長〜い敷地は南側の山が低いので陽当たり抜群で

南には小川が流れ
集落のどんづきに位置し
なかなか素晴らしいロケーション。




c0212823_13201312.jpg




建物は明治の建築らしい



c0212823_13202082.jpg




軒はかなり深く2階の階高はかなりあって
「つし」ではない感じ



c0212823_13202820.jpg




棟に草どころか木まで・・・



c0212823_13203498.jpg




下屋の北西部寄せ棟部が崩壊



c0212823_13213005.jpg




南西部側も



c0212823_13204826.jpg




母屋と蔵?の間には前住人のお子さんによる落書き




c0212823_13212518.jpg




玄関に入るとピッチの細やかな格子戸が



c0212823_13211074.jpg




鴨居上の小壁にはプリント合板がはられている。
どうも一昔前に左官壁(塗り壁)を隠して
このような合板をはるのが流行った時期があったようだ。

きれいに取り去れればいいけど・・・。



c0212823_13215180.jpg




おくどさんはやや近代的なものだけど
高さが低いので現在このままで使うのは厳しい。
煙突は石綿タイプだね。



c0212823_13215621.jpg




おくどさんとは別に近代的なキッチンセットもあったが
こちらも高さが低いのでこのまま使うと腰痛になるかも?



c0212823_13210657.jpg




作りの凝った編み笠



c0212823_13211798.jpg




作り付けの掘りコタツ暖房機
練炭や炭を入れて使うように工夫されている。
初めて見ました!

煙突があるってことは薪もくべるのか??
炭や練炭だけなら煙突はいらないよね?




c0212823_13204513.jpg


2階は天井がなかった。
このままじゃ冬は過ごせない。

棟木の受け方が独特で
そのあまりの簡素さ?もあり、
小屋組〜2階について
構造的に少し不安を感じる。


(つづく)




[PR]
by shigezo09 | 2017-06-08 11:44 | 木の家 古民家 | Comments(0)

チーム古民家出動! vol.3





c0212823_13183691.jpg



左官のKちゃんも今日は臨時チーム員



c0212823_13185045.jpg



Kちゃんがのいたら玄関から裏庭まで
通して見えるようになりました。



c0212823_13184367.jpg




道路に面した格子窓の下半分には
簾のようなものがついていまして
これはこの地域の町家にしか見られない独特な意匠です。




c0212823_13185678.jpg





また家に入り直して
障子紙の古風な意匠にしんみり・・・




c0212823_13465308.jpg



なにげに転がっているモノが




c0212823_13191640.jpg




埃で見えにくいですが
この岡持?
細部に至るまで素晴らしい意匠で
参加していた職人みんなで
感動しておりました。
(解体前の掃除では必ずgetするぜ!)(笑)




c0212823_13192295.jpg




家の裏側の外壁にはられた鉄板は
いいアジだしてます・・・



c0212823_13192897.jpg



一通り見終わって帰り道。

八百屋さんの店先では
もう小梅が出てました。

(まだまだ続きます)




[PR]
by shigezo09 | 2017-05-31 16:14 | 木の家 古民家 | Comments(0)