ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

<   2017年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

パイナップルツアーズ



今晩は25年ぶりにとても大好きで僕にとってはとても思い出深い映画(1992年作)をDVDで見たさ;




この映画は沖縄のあちこちの離島で上映会があってぼくはそんな機会にある島で見た。

そのときはどういうわけか監督やあの林助さんとなぜか楽屋?一緒になってしばしお話したこともなんだか不思議だ。

その離島には半年位は滞在していたので思い出がかなり詰まっているからいつかまた訪れたいと思っている。

映画のロケ地の方は伊是名島でここは行ったことないさ。

古き沖縄の風情が残る島ということになっているけど映像で見る限りはぼくが遊んでいた島の方が素敵だった。島の道は巾が2mもなくて芝生か珊瑚が敷き詰められていた。


もう一つ大好きな映画がコレ;



こちらのロケ地は辺野古だった・・・
映画もいいけど原作のマンガが素晴らしい。

作者の仲宗根さんはとてもとても寡作な作家さんで
「ホテルハイビスカス」の他には1作しかないようだけど
いずれも僕が読んだ漫画の中で断トツで1、2位独占だ。




あ〜もおこれも特別におまけさ〜






[PR]
by shigezo09 | 2017-02-25 22:26 | 映画 映像 写真 | Comments(0)

この国の司法




今朝の散歩ではウグイスに会えなかった。
朝でも10度くらいはないとウグイスは鳴かないんじゃないだろうか?


沖縄大手2誌のインターネット版は本土の大手が伝えないことが書かれてるので毎日見ている。



「ヤマトの国(にほんのこと)はじつは独立国ではないのであります」という命題はかぎりなくホントにちかいけどウソのようなまことかもしれない・・・というようなテルリンの漫談が聞こえてくるような・・・

三権分立ってあるけどみんな「身内」じゃ意味ない。

むかし、カナダ人の知人が「アメリカ人は個人的に好きな人はいるけどアメリカという国は嫌いだ」という話していてなるほどと思ったことがあったけど、まあニホンも似たような感じになってしまったわ。




[PR]
by shigezo09 | 2017-02-24 08:58 | 今日の景色 | Comments(0)

うぐいすの初鳴き



テレビを見ていたらアメリカ先住民の末裔という人が今回の騒動(笑)についてコメントしていた;

「僕からかすればみんなアメリカの大地の上で『国』を妄想してウロウロしているだけだ」・・・ほ〜んとその通りだ。



今朝の散歩でこの春はじめてのうぐいすの元気な鳴き声を聞いた。昨日からの南風に乗ってやってきたのかと思ったらうぐいすは渡り鳥ではないのですね。

明日はカメラをもって散歩に出よう、、、大きな楢の木の中から聞こえるウグイスの鳴き声つき動画が撮れるかも?



今日のような気圧の低い曇天の日は気分もめっぽう停滞モードになってしまうのであまり何もせずに(笑)ゴロゴロしながらゆる〜い本でも読んでいるのがよさそうだ。

近所の八百屋のおっちゃんは「春はまだまだですよ」というのがこのところの口癖だけど今日もそう言うだろうか?

外は曇天からすっかり雨模様に変わってしまった・・・すっかり春の雨だ



[PR]
by shigezo09 | 2017-02-22 09:13 | 今日の景色 | Comments(0)

きょうも雪・・・



今朝起きて外を見たら雪がちらほら〜

起きてしばらくして食卓に座って外をみると雪ははげしくなっており、近所の八百屋さんへカマスを買いに雪の中を出たら寒い寒い。(それにしてもこの時期のカマス/北九州はマル丸と太ってとても美味しい、塩焼きがベスト)

パン工房のらさんのライ麦パンにハチミツをつけていただく。
ライ麦パンはマエストロのハナシでは店でもっとも人気がないのだそうだけど、実はもっとも美味しい・・・麦の濃厚な味わいが素晴らしい! さらにライ麦かサワードゥーかどちらの風味か知らないけど酸味がハチミツの甘味と相性抜群で、冬はバターものせてご機嫌。

午前中は自転車で図書館へ行って気になっていた本を読もうと思っていたけど雪が止まないのでこれは午後に回し、隣りのおばあちゃんを誘って自治会のランチを食べにいくことにしたと。



c0212823_11112325.jpg




[PR]
by shigezo09 | 2017-02-21 10:53 | 今日の景色 | Comments(2)

群発地震?



昨晩また揺れた。
直下型でガンといっぱつという感じ。
10日位まえにも揺れたのでムムっという感じです。

ここらあたりを震源地とする猪名川群発地震というのが阪神大震災の直前までありました。

震度こそ1くらいだけど一月に1度くらい1年くらい続いたようにおもいます。

震災の直前は頻度が増えたような気もする。

まあ年中ときどき思い出したように揺れてんだけどね。


母親の記憶にでてきた学校や神社をグーグルマップのストリートビューとかで母親に見てもらおうと今日はノートパソコンをグループホームに持ち込んだ。

はじめに地図を見てもらって位置関係を確認してもらい、それから道路からの景色を見てもらったんだけど80年前の痕跡を残したものはなにも写ってなかった。

かろうじて神社の鳥居の裏にかなり大きな桜の木が映っていたけど80年前となると桜の木じゃあね〜・・・。

神社や小学校は鉄筋コンクリート造に建て替えられ狛犬とか小物?も新しいものに変わっていた。


母親はそれでも懐かしむというより変化を楽しむかのように画面に食い入るようにじっと見つめていたのが印象的だった。



c0212823_13474262.jpg



[PR]
by shigezo09 | 2017-02-12 14:16 | 今日の景色 | Comments(0)

おきなわも寒いか





c0212823_18120982.jpg




今日は朝からかなり冷え込んでいてめずらしく布団からなかなか出られなかった。

ここのところ天気が今ひとつで布団を干せてないからかな?などと思ったりする。

あんまり寒いので家から図書館へ移動し、美術関係のコーナーへ迷うことなく突進しボクネンさんの版画集を見つけ出した。

比較的大型の本だったが特に気に入った原画が2mを越えるサイズとなるとこのサイズの作品集ではほんのかする程度しか味わえない・・・う〜ん、これはもうボクネン美術館へ行くしかないな〜〜〜(笑笑笑)

版画集には巻頭にガイアシンフォニーの監督やボクネンさん本人の文章があったがその内容はちょっと衝撃的だったので思わずテキストを写真に撮ったほどだ・・・。

家に戻るとさっそく沖縄在住の元ヨット仲間に電話をいれた。

僕:「そっちはどうですか?」
彼:「寒い〜〜〜」
僕:「え?」
彼:「14度やけど風が強くて〜〜〜」

というわけで今回の強烈な寒気に伴う風は鹿児島にも積雪をもたらしたことを思い出して沖縄も寒いことに納得した。ちなみにこの方はナイチャーの沖縄移住組で某離島で現地シマンチュ宅の離れを借りられてもう10年近く暮らされている。

沖縄の冬は雨こそ少ないものの晴れることはあまりなくて曇天模様が続く・・・意外に知られてないけど全国で晴天率の最も低い県だったりします。(梅雨明け後の夏はよく晴れるよ)

そういえばここんとこよく報道される尖閣諸島だけどあそこってそもそも琉球なんですね。

それをニホンがぶんどったことになっていると。

地図で見るとわかりますがほんと色んな国からびみょ〜〜な距離にあります。

どうでもいいんだけどね。(笑)


明日はいよいよ今季最強の寒波のピークだ。

雪はもう降り始めているしこれは明日目覚めたらちょっとは積もってるかも?

焼き芋は買いに出たいし来客はあるし・・・


日が変わってどうだったっていうと・・・

結局ゆきは朝方に舞ったていどで午後も予報に反して雪どころか晴れ間もでてたいしたことなく済んでしまった。

沖縄では今季最低気温を記録して10度を下ったそうだけど。

来週末には17度まで上がるなんて予報も出始めて、これで冬も終わっていくのかと思うとやっぱり寂しく感じてしまうな〜



c0212823_18121458.jpg




[PR]
by shigezo09 | 2017-02-10 18:41 | 今日の景色 | Comments(0)

記憶



今朝おきたとき降っていた雪はやがてみぞれに変わり
昼前にはまた雪になって止んだ。

今日はめずらしく午前中に母の入っているグループホームに
面会に行った。
ホームの中は暖房が暑いくらいに効いていて職員の中にはポロシャツ1枚のヒトもいる。

母親は食堂のテーブルで憩っていた。

グループホームは認知症のヒトが入居する施設で
うちの母が入居しているホームは1フロアーに9名、
2階建てで全部で18名の方が住んでいる。

認知症の程度はマチマチで母の隣りのテーブルでは元校長先生だったという方が雑誌を手に持ってテーブルに角をあてて音を出していてそれがだんだん激しくなっていったところで職員の方に優しく抱きしめられていた。

ぼくが訪問したときは毎回同じハナシを母はしてくれる。
それは母親が80年以上前に住んでいたところのことで家の近所の学校や神社、お屋敷のことなど聞いていて情景が浮かぶほどにけっこう詳しい。

今日はちょっとそれをメモして帰ってGoogle mapで今でもあるかどうか調べてみた。

すると・・・東京都品川区の大崎駅からさほど離れていないその学校や神社はなんと母の話したままに残っていた。

一緒にハナシに出てくる天皇家の末裔にあたると思われる方のお屋敷はなくなっていたがどうやらマンションになっているようだった。

訪問すると必ずこのハナシをする母なんだけどホームに入る前に40年ほど住んでいたホームからほんの歩いて数分の家/暮らしのことは殆ど覚えていない。

昨年後半から息子(ぼく)のこともときどき忘れてしまうようになった。

映画「2001年宇宙の旅」のクライマックで船長がハル/人工知能の機能を奪うべく記憶中枢部品を少しづつ抜いていく作業は
ニンゲンがだんだん機能を停止していく過程に似ていて母のいまとオーバーラップする。

それにしても母の記憶は80年以上も前の時代は鮮明なのにそれ以降がほとんど思い出せないというのはいったいどういう違いがあってそうなるんだろうか?

ふりかえって自分の記憶を辿ってみてもやはり年代によってかなり違いがあって新しいほど鮮明なことは全くない・・・。

どうも自己との「関係性の程度」で決まってくるようにも思える。
感動の大きい体験などは忘れにくい。
日常的なこと、どうでもいいと感じていることはすっかり忘れ去る。

もし、ず〜〜っと毎日楽に同じことを繰り返すような日々を過ごし続けたら歳をとって自分の人生を振り返ったときに「何も思い出せない」ということがおこりうるかもしれない。

だからといって「有為」/何かすることだけが大事だとはとても思えないが。



[PR]
by shigezo09 | 2017-02-09 13:53 | 認知症 | Comments(2)

みるやかなや




「みるやかなや」とは

おきなわ/琉球語で「ニライカナイ」をあらわす古語だそうな。


版画家の睦稔さんを調べていたら

TINGARA につながって

みるやかなやに辿りついた。


アルバムもよかったけど

睦稔さんの版画がすばらすい!
(アルバムに豪華なブックレット/版画集が付属してる)

これはゲンブツを睦稔美術館に見に行こう・・・

とおもうのでありんした。



c0212823_14343973.jpg










[PR]
by shigezo09 | 2017-02-08 14:43 | 音 音楽 | Comments(0)

のらさんは雪だった・・・




c0212823_09083194.jpg


きのうは今年初めてパン工房のらさんへ行った。

午後3時のおちゃの時間に合うように店に着いたときは
下界の小雨模様が小雪くらいだった。

平日で天気も怪しかったにもかかわらず
パンの売れ行きは好調で
というかほぼ完売状態で
僕の食べられるものは林檎のタルトだけだったが

これがまた超美味で
おいしい珈琲といただいたのでした。
(カメラ忘れたので写真なし)


c0212823_09082555.jpg



時計の針が4時をまわったころ、
ふと高窓の外をみるとさっきまでの小雪は
大雪にかわっていた。

店内では大学生くらいの数人のチャリダーが帰ろうとしていて
ちょっとこの中で走るの?という位にひどい雪・・・



c0212823_09082046.jpg



4時半に外を見たら
路面こそ雪は溶けていたがもう一面の銀世界で

雪はあいかわらず力強く降っていて
これはちょっとのんびりはしてられないか?
という気分になってきて
予定より早く店をあとにしましたとさ。


*写真は5年前のお山の冬



[PR]
by shigezo09 | 2017-02-07 09:51 | 今日の景色 | Comments(0)

見えているものは本当か?




c0212823_20122767.png

https://youtu.be/P2e-1c8urAY?t=17m54s


どうやらふだんぼくらが見ているものは
ぼくら個人個人の「解釈したもの」らしい・・・


結論としては似たようなハナシ ↓
(画像はサイトへリンクしてます)



こういうハナシもあります ↓





どうやら右脳の世界って「悟り」の境地のような、、、

でもわざわざ左脳をもって生まれてくるのは

やはりそれなりのわけがあるはずだね






[PR]
by shigezo09 | 2017-02-05 20:33 | 意識 こころ 身体 | Comments(0)