ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

おきなわも寒いか





c0212823_18120982.jpg




今日は朝からかなり冷え込んでいてめずらしく布団からなかなか出られなかった。

ここのところ天気が今ひとつで布団を干せてないからかな?などと思ったりする。

あんまり寒いので家から図書館へ移動し、美術関係のコーナーへ迷うことなく突進しボクネンさんの版画集を見つけ出した。

比較的大型の本だったが特に気に入った原画が2mを越えるサイズとなるとこのサイズの作品集ではほんのかする程度しか味わえない・・・う〜ん、これはもうボクネン美術館へ行くしかないな〜〜〜(笑笑笑)

版画集には巻頭にガイアシンフォニーの監督やボクネンさん本人の文章があったがその内容はちょっと衝撃的だったので思わずテキストを写真に撮ったほどだ・・・。

家に戻るとさっそく沖縄在住の元ヨット仲間に電話をいれた。

僕:「そっちはどうですか?」
彼:「寒い〜〜〜」
僕:「え?」
彼:「14度やけど風が強くて〜〜〜」

というわけで今回の強烈な寒気に伴う風は鹿児島にも積雪をもたらしたことを思い出して沖縄も寒いことに納得した。ちなみにこの方はナイチャーの沖縄移住組で某離島で現地シマンチュ宅の離れを借りられてもう10年近く暮らされている。

沖縄の冬は雨こそ少ないものの晴れることはあまりなくて曇天模様が続く・・・意外に知られてないけど全国で晴天率の最も低い県だったりします。(梅雨明け後の夏はよく晴れるよ)

そういえばここんとこよく報道される尖閣諸島だけどあそこってそもそも琉球なんですね。

それをニホンがぶんどったことになっていると。

地図で見るとわかりますがほんと色んな国からびみょ〜〜な距離にあります。

どうでもいいんだけどね。(笑)


明日はいよいよ今季最強の寒波のピークだ。

雪はもう降り始めているしこれは明日目覚めたらちょっとは積もってるかも?

焼き芋は買いに出たいし来客はあるし・・・


日が変わってどうだったっていうと・・・

結局ゆきは朝方に舞ったていどで午後も予報に反して雪どころか晴れ間もでてたいしたことなく済んでしまった。

沖縄では今季最低気温を記録して10度を下ったそうだけど。

来週末には17度まで上がるなんて予報も出始めて、これで冬も終わっていくのかと思うとやっぱり寂しく感じてしまうな〜



c0212823_18121458.jpg




[PR]
# by shigezo09 | 2017-02-10 18:41 | 今日の景色 | Comments(0)

記憶



今朝おきたとき降っていた雪はやがてみぞれに変わり
昼前にはまた雪になって止んだ。

今日はめずらしく午前中に母の入っているグループホームに
面会に行った。
ホームの中は暖房が暑いくらいに効いていて職員の中にはポロシャツ1枚のヒトもいる。

母親は食堂のテーブルで憩っていた。

グループホームは認知症のヒトが入居する施設で
うちの母が入居しているホームは1フロアーに9名、
2階建てで全部で18名の方が住んでいる。

認知症の程度はマチマチで母の隣りのテーブルでは元校長先生だったという方が雑誌を手に持ってテーブルに角をあてて音を出していてそれがだんだん激しくなっていったところで職員の方に優しく抱きしめられていた。

ぼくが訪問したときは毎回同じハナシを母はしてくれる。
それは母親が80年以上前に住んでいたところのことで家の近所の学校や神社、お屋敷のことなど聞いていて情景が浮かぶほどにけっこう詳しい。

今日はちょっとそれをメモして帰ってGoogle mapで今でもあるかどうか調べてみた。

すると・・・東京都品川区の大崎駅からさほど離れていないその学校や神社はなんと母の話したままに残っていた。

一緒にハナシに出てくる天皇家の末裔にあたると思われる方のお屋敷はなくなっていたがどうやらマンションになっているようだった。

訪問すると必ずこのハナシをする母なんだけどホームに入る前に40年ほど住んでいたホームからほんの歩いて数分の家/暮らしのことは殆ど覚えていない。

昨年後半から息子(ぼく)のこともときどき忘れてしまうようになった。

映画「2001年宇宙の旅」のクライマックで船長がハル/人工知能の機能を奪うべく記憶中枢部品を少しづつ抜いていく作業は
ニンゲンがだんだん機能を停止していく過程に似ていて母のいまとオーバーラップする。

それにしても母の記憶は80年以上も前の時代は鮮明なのにそれ以降がほとんど思い出せないというのはいったいどういう違いがあってそうなるんだろうか?

ふりかえって自分の記憶を辿ってみてもやはり年代によってかなり違いがあって新しいほど鮮明なことは全くない・・・。

どうも自己との「関係性の程度」で決まってくるようにも思える。
感動の大きい体験などは忘れにくい。
日常的なこと、どうでもいいと感じていることはすっかり忘れ去る。

もし、ず〜〜っと毎日楽に同じことを繰り返すような日々を過ごし続けたら歳をとって自分の人生を振り返ったときに「何も思い出せない」ということがおこりうるかもしれない。

だからといって「有為」/何かすることだけが大事だとはとても思えないが。



[PR]
# by shigezo09 | 2017-02-09 13:53 | 認知症 | Comments(2)

みるやかなや




「みるやかなや」とは

おきなわ/琉球語で「ニライカナイ」をあらわす古語だそうな。


版画家の睦稔さんを調べていたら

TINGARA につながって

みるやかなやに辿りついた。


アルバムもよかったけど

睦稔さんの版画がすばらすい!
(アルバムに豪華なブックレット/版画集が付属してる)

これはゲンブツを睦稔美術館に見に行こう・・・

とおもうのでありんした。



c0212823_14343973.jpg










[PR]
# by shigezo09 | 2017-02-08 14:43 | 音 音楽 | Comments(0)