ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

南風 / はえ




南風がここちよく吹きつける


波打ち際でなにもせずに
ただ風に吹かれているだけでも
はるばる海まで車を走らせる理由になる



c0212823_18585662.jpg



この日は午前11時の満潮にあわせて
お山の家を7時に出発し
海には10時に着いた



c0212823_18590575.jpg



平日というのに
浜にはかなりのサーファーが
海に入っていた。



c0212823_18591345.jpg



ぼくらもさっそく海へ

11時の満潮に近づくにつれて
波は大きくなっていき

ぼくは最初こそ
「寝たきり老人」のように
ボードに寝そべったままで波打ち際まで波に運ばれる
これ以上はないほどのズボラなサーフィンしてたけど

少しづつ身体を持ち上げていって
満潮をむかえる頃には
中腰で立つ寸前にまでいった!



c0212823_08321895.png



満潮を過ぎた途端に波が落ちはじめたビーチにはサイナラして
お次のビーチに移動。

途中、海辺の道沿いに
とても静かでかわいい入り江をいくつか発見。

これは秋になったらカヤックで散策したらサイコーだわ・・・
と、ほくそ笑むのでした。




c0212823_18591787.jpg



お次の浜にとうちゃく。
(師匠の)予想通り
腰の強そうな波が次から次へと
打ち寄せていた。



c0212823_18592645.jpg



午前のビーチは東向きだが
ここは南向き/太平洋の真正面。



c0212823_18595888.jpg



師匠はバンバン乗ってます!

で、わたくしはそのパワフルな波に翻弄されてました。(笑)


大和ことばで南風のことを「はえ」という。

(*大和ことばとは大陸からのことばが入ってくる前のニホン地方固有のことば)




[PR]
# by shigezo09 | 2018-07-21 18:56 | 海 島 サーフィン カヌー ヨット | Comments(0)

Kate Bush - The Kick Inside




ぼくは夏の間は早起きだ。

5時には起きだして太陽が顔を出すまでに
お気に入りの散歩コースをあるく。
この時間の空気はとても素敵だ。

とくに今年のような酷暑だと
早朝の気持ち良さはまた格別だ。
(ことしの太平洋高気圧はパワフルだけど
2015年はダメダメだったんだな〜と過去ログをみて)


ところで昨日は夜かなり遅くにお山の家に戻ってきたんだけど
空を見上げると、満天の星空!
夏にしてはかなりの星の数がみえた。

ぼくはさっそく天体望遠鏡をえっちらおっちらと
外へ運び出し星をみようとしたが、、、

1年間ほったらかしだった望遠鏡は
もうレンズが埃まみれで
それもちょっとやそっとでは取れないくらいに固着してて

で、まあそんなくらいによく晴れた空だったので
今朝はけっこう冷え込んで
ぼくは寒さで目が覚めたのでした。
おなじニホンとは思えないでしょう?(笑)


最近やたらと懐メロを聴いてるけど
英国のKate Bushなんてのもよく聴いてる。

就職して間もないころ、
職場の同僚に勧められて聴いたんだけど
それ以来とくに彼女をおっかけはしなかった。

それからもう35年の歳月が過ぎたけど
いまでもときどき聞きたくなる
彼女のことはなんにも知らないのでちょっと調べてみた。


そもそもぼくが同僚に教えてもらったアルバムは
彼女のデビューアルバム「天使と小悪魔」だった、、、、


まだ19歳だった彼女は
この地球上・この時代でいうところの「天才」だ。

芸術家でもほんとに凄い奴は
一作目で傑作を放つ

1曲ごとのそしてアルバムとしての
驚異的ともいえる完成度
唯我独尊的?独創性

「歴史上最も偉大な100人のシンガー」に選ばれてますね、
しかも19位!
(・・・って、順位なんて付けようがないでしょ!)







この曲は特別な思い入れをもって聴ける曲です。
わかるひとにはわかる。




[PR]
# by shigezo09 | 2018-07-19 07:42 | 音 音楽 | Comments(0)

伊勢の花火と鯖のはなし





海からの帰りに
全国の花火師があつまって
伊勢神宮へ奉納するという花火大会へ寄った。



c0212823_07121931.jpg



宮川沿いの特設会場

視界は遠くの方までひろがって
とても広々として
たいへん気持ちのよいう場所。

気温も市街地よりはるかに涼しくて
快適に花火をみることができるよん。



c0212823_07122476.jpg




BS放送の生中継があった




c0212823_07123249.jpg



ボサッと座ってたら
あやうくインタビューを受けそうになった。

ADさんて大変な仕事ですね。
マジかで見ての感想・・・



c0212823_07123719.jpg




まだあかるいうちから始まったけど
空が明るいとせっかくの花火の色がさえないね〜



c0212823_07124285.jpg




かなり暗くなってくると
地平線の夕焼けがなかなかいい感じ




c0212823_07132847.jpg




暗くなるともうドドンパドンパン




c0212823_07133419.jpg



ところで
花火の帰りに伊勢の友人がみやげを持たせてくれたが
それはその友人の釣り仲間が釣った
カツオと鯖(サバ)だった。

どちらも「青もの」とやらで
アシが早いということなんだけど
とくにサバは「鯖の生き腐れ」といって
「生きたままでも腐っていく・・・?」
まあそのくらい肉質の変質が早いんだそうな。

その友人は猟友会なんぞの入っているくらい、
食、食の素材に造詣の深い方で
実際に釣った鯖をすぐに絞めずにおいたものと
すぐに絞めたものを食べ比べてみたら。
結果は月とスッポンだったそうな。

で、ぼくがもらった鯖は
軽く塩をして無水パンで蒸し焼きにして
いただいてみたら・・・

いままで食べていた鯖はなんだったんだ?
というくらいにかなり繊細な味わいも感じられる
美味しさを堪能できたのですよ。

この鯖(ソーダガツオ)も
釣れた直後に介錯&内臓取り出ししてあったそうで。

「秒単位」で味は変わるのは焙煎した珈琲とおなじだな。

なおカツオの方は「漬け」にして丼でいただきました。
こちらも甚だ美味でした。

こういうものを食べてたら
夏バテはしないかも?




[PR]
# by shigezo09 | 2018-07-16 07:11 | イベント | Comments(0)