ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

浴衣de奈良 (第1回)

原発やめての意思表示の方法として奈良を浴衣を着て散歩するというパフォーマンスというか、なんというか。
第1回は大仏さんのいらっしゃる奈良公園。

夕方に集合しておもむろに奈良公園方面へ歩き出した。
みんな浴衣を着て胸や背中には手作りのなんとなく反核をイメージさせる小さな紙片をぶらさげて。
c0212823_17213094.jpg
夕方の奈良公園は強烈な暑さは終わっていて、そぞろ歩きにはなかなかいい感じ。道行く人はそれほど多くなくて、観光の人力車に何度も呼び止められてしまった。

餌付けされたシカさんたちはとてもおとなしいんだけど、食い意地がすごいことを忘れていた。
参加者用に多めに作ってあった原発首飾り?を首に巻いたらなんと食べ始めた!
c0212823_1715223.jpg
c0212823_17243688.jpg
あわてて首飾りを外してまたぞろ歩き始める。

道行く観光客は6割くらいが中国人で浴衣には興味を示さない。
日本人はというと浴衣をうらやましがるけど「首飾り」には誰も反応しない。
韓国系もおなじ。

そこいくと西洋人系観光客はまず浴衣に敏感で首飾りにも目をとめる人が多かった。

極めつけはみんなで東大寺の門のあたりでゆんたくしていたときのこと。
フランス人観光客が親指をたててウインクしてきたと思ったら、あれよあれよと僕たちの方に集まってきて原発談義が始まってしまった。
c0212823_17171893.jpg
引率していた日本の方ともお話ししたけど、みんな僕らと同じ気持ちでありました。
政府は狂っている。このままではいずれ二回目のフクシマがおこる、みんなが動き出している....。
とにもかくにもとてもすがすがしい気分で終えることのできた1回目の奈良ウオークでした。

おまけはH画伯の大仏画;
c0212823_17204132.jpg
子鹿もいたよ;
c0212823_17252394.jpg
母鹿がそばにいて人間を追っ払ってたのが印象的でした。
[PR]
by shigezo09 | 2012-07-24 17:26 | 新世界 | Comments(0)
<< 最悪の核施設 六ヶ所村再処理工... 福島県双葉町の井戸川町長の話 >>