ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

Kate Bush - The Kick Inside




ぼくは夏の間は早起きだ。

5時には起きだして太陽が顔を出すまでに
お気に入りの散歩コースをあるく。
この時間の空気はとても素敵だ。

とくに今年のような酷暑だと
早朝の気持ち良さはまた格別だ。
(ことしの太平洋高気圧はパワフルだけど
2015年はダメダメだったんだな〜と過去ログをみて)


ところで昨日は夜かなり遅くにお山の家に戻ってきたんだけど
空を見上げると、満天の星空!
夏にしてはかなりの星の数がみえた。

ぼくはさっそく天体望遠鏡をえっちらおっちらと
外へ運び出し星をみようとしたが、、、

1年間ほったらかしだった望遠鏡は
もうレンズが埃まみれで
それもちょっとやそっとでは取れないくらいに固着してて

で、まあそんなくらいによく晴れた空だったので
今朝はけっこう冷え込んで
ぼくは寒さで目が覚めたのでした。
おなじニホンとは思えないでしょう?(笑)


最近やたらと懐メロを聴いてるけど
英国のKate Bushなんてのもよく聴いてる。

就職して間もないころ、
職場の同僚に勧められて聴いたんだけど
それ以来とくに彼女をおっかけはしなかった。

それからもう35年の歳月が過ぎたけど
いまでもときどき聞きたくなる
彼女のことはなんにも知らないのでちょっと調べてみた。


そもそもぼくが同僚に教えてもらったアルバムは
彼女のデビューアルバム「天使と小悪魔」だった、、、、


まだ19歳だった彼女は
この地球上・この時代でいうところの「天才」だ。

芸術家でもほんとに凄い奴は
一作目で傑作を放つ

1曲ごとのそしてアルバムとしての
驚異的ともいえる完成度
唯我独尊的?独創性

「歴史上最も偉大な100人のシンガー」に選ばれてますね、
しかも19位!
(・・・って、順位なんて付けようがないでしょ!)







この曲は特別な思い入れをもって聴ける曲です。
わかるひとにはわかる。




[PR]
by shigezo09 | 2018-07-19 07:42 | 音 音楽 | Comments(0)
<< 南風 / ハエ 伊勢の花火と鯖のはなし >>