ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

現場から



しばらく現場便りがなかったのは
土壁を乾かしていたからで
この暑さもあって想定以上に
よく乾いた感じ。



c0212823_08410625.jpg



ここの土は乾くとかなり白っぽい色になる



c0212823_08405693.jpg



こんな感じにね



c0212823_08580623.jpeg



今の状態は荒壁といって
土を一回塗った状態で



c0212823_08585446.jpeg



まあとにかく軒の向こうは
夏の空


c0212823_08591051.jpeg



昨日は床下用の断熱材が搬入されました。
厚み4センチのフォレストボード。
ここは寒いからね。



c0212823_08595169.jpeg



束も入りました。



c0212823_09001025.jpeg



家の端のあたりから反対側の端っこの方を
見てるんだけど先が霞んで見えない・・・ 笑



c0212823_09003723.jpeg



玄関脇の飾り棚の様子をみてます。
というのも玄関は三和土(タタキ)仕上げなのですが
湿度が高いため周りの木が影響を受けるのです。

早い話、カビが生えやすい!
三和土だからといっていいことばかりではないよ。



c0212823_11411108.jpeg


こちらは建物東側の水周りで
ここだけは土壁ではなく杉落とし板に
なっておりまする。



c0212823_11424834.jpeg



さて建物の方はこれくらいにして
夏休みの自然観察の方に移りたいと思います。


c0212823_09201584.jpg



この水地には以前に書いた通り
モリアオガエルが住んでおりますが、
他にも様々な種類の蛙や蜻蛉を
観察することができます。



c0212823_08435879.jpg



といってもこのようにそばで見ても
夜行性の彼らを見ることはできず…



c0212823_08443758.jpg



蜻蛉さんでも見とくのです



c0212823_08434525.jpg


他にも見たことないような蜻蛉が飛んでましたが
撮影することはできませんでした。

じゃあまたね!




[PR]
by shigezo09 | 2018-08-14 08:46 | 木の家 古民家 | Comments(0)
<< 白鳥徹夜踊り 1 築15年デス >>