ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

朋あり遠方より来る




学生時代に組んでいたバンドのメンバー達が
東京からはるばるお山の家を
訪ねてくれた。

皆、音楽が大好きな人
好きで好きでたまらなくて
Bostonというプログレッシヴ系ロックの
バンドの音楽がみんな好きでした。

そんな
音楽抜きでは生きていけないような
人間が実に38年ぶりに全員が顔を揃えた。
まことに惑星直列レベルの出来事。



c0212823_10300988.jpg



皆それぞれの道をあゆみ、
凡そたいていの経験も積んで
もはや何事にも動じることはないような
そんなお年頃の4人なのですよ。
(ほんまかいな?)(笑)



c0212823_10301669.jpg



4人のうち3人は建築を学んでいたもので
いまひとりは経済学部出身。



c0212823_10302407.jpg



その彼は現役の「ロッカー」で
音楽を「趣味」で楽しむのとは
生きさまからして違いますね。

大学時代のときと今とでは
彼の声が違ってました。

学生時代には口先から出ているような声だったのが
今は体全体が振動している。

そして素晴らしいヴィヴラートまで
かかります。

おっタマびっくらこいてしまいました。

そう、声は人を表しますね。

その人の知性その他諸々がはっきり出ます。



c0212823_10302849.jpg



なんでまたそんな4人が集まったのか?

にほんの行く末を案じて
行動を起こすべく
集まった
・・・
んなわけはなく(笑)

どうしてだったか
忘れちゃった!(笑)
(バンド再結成の理由が?なのです)



c0212823_10303491.jpg



僕はこの集まりのために
ドラムセットを購入し、

家を多少改造して
うちら専用の古民家スタジオを
こしらえました。
(先ほどらい使っている「うち」は
京都弁どすえ〜)

といっても
二間ほど建具を取り払い
モノを片付けただけなんだけど(笑)

でも出来上がった空間には
120%満足、いや感動しました。

ひょっとしてこうなるべくして
この家は200年近く前に建てられた?



c0212823_10305960.jpg



日中は練習と昼寝

夜ともなればやはり
懐かしい曲のオンパレード

70、80年代の洋楽を
コードどころか歌詞(E)まで全部覚えて
いらっさる・・・さすが


こ難しい話はせずに
来年の秋に行うであろうライヴにする曲について
学生時代にやった曲に加えて新曲を作るか否か

作るとしたらどういう方向性にするか?

酒を飲むにつれ
話はちゅう〜しょ〜てきに
素晴らしい方向へ向かいましたが
(僕にはそう思えた)

残念ながら翌日は綺麗さっぱり忘れてた模様。
いや、忘れたかどうかはまだわからない。



c0212823_10310576.jpg



滞在2日目の昼
ちょうど近くのカフェ'fufufu'で
前からとても気になっていたライヴが
お昼過ぎからあると聞いて
皆で駆けつけました。

それはヨーロッパで即興音楽を学んだギタリストさんと
東京芸大出身のチェロ奏者さんのDuo。

行く前から静かなワクワク感で一杯でしたが
実際に聞きに行って・・・
おおいに感動

こんな音楽を身近で聴けるなんて
俺ってイ〜とこ住んでるな〜って
しみじみと思いました・・・。
(あかりちゃんのおかげですね)

このところ毎日
新しい素晴らしいアーティストに出会って
気分はとてもハイになってます。

いや何がすごかったって
昨晩の「これから」の話を受けて
このライヴに完璧なつながりが感じられたから。

ものすごいシンクロニシティ



c0212823_10311099.jpg



ライヴの後のスタジオでの練習中に
僕はまたまたドラムのセッティングを
変えました。

バスドラの上のタムを一つにして
学生時代の頃と同じ仕様になりました。

やっぱりシンプルなのがいい。

ちなみにあのmanu sijaさんの
ドラムもとてもシンプル。
今の僕に彼のドラミングはとても叩けませんが。
音楽と人間が一致/フルシンクロしないとね。


2日目の夜・・・
といっても2日目の夜は最後の夜でもあったりして
なんだかもう終わりのムードなんだけど
なんせ移動時間が往復で十数時間になるから
さすがにみんな(僕以外)お疲れモードで
たったの3日じゃ全然足りない。

それでもなんとか沈没せずに
ギターの彼(ていうかギターは僕以外みんな弾けます)と
初めて二人きりでゆっくり話しました。

彼は仙台に2年間赴任していて、
その時どれだけ東北という地が素晴らしかったか
東北人が素晴らしかったかを淡々と語ってくれました。

彼は今、都内山手線内のマンションに住んでますが
そのすぐ近くに宮沢賢治さんが妹さんの見舞いのために
訪れていた病院跡地があるそうで、

その事実を知っただけで彼は翌日には
花巻へ向かったそうです。


人の体型にはその人の暮らしが出るそうです。
この4人は誰もお腹は出ておらづ、
いや、みんなとにかく学生の頃と
ハートは全く変わってないのです。

荒波に打ち勝つタフな精神
それが「うちら」の取り柄のようなものか?



c0212823_10312157.jpg



こんな風に簡単にまとめちゃったけど
とにかく最強な連休でした。

今度はいつできるかな〜・・・


それにしてもバンドをやってたからこそ
こうしてまた会うことができました。

かけがえのない友達といって
いいんじゃないか?


TEDでヒトの健康と幸福を決定する
因子についてのハーバード大学による
75年に渡る追跡調査の結果が報告されてましたが
その答えは明快でした。

それは「良い人間関係」

相棒、友人、近隣の仲間たちとの
親しい関係

お金でもモノでもない

相棒、友人、近隣の仲間たちに
恵まれた人は健康に長生きし
幸せを実感しながら生きていけるという
はっきりとして傾向が見られたそうです。

(前にも載せたけどあまりにも大切な話なので
これまた何度でも載せます)







「関係性」は仏教では
自己を決定づけるものとされており、

つまり関係性がなければ自己は存在しえない
ということになるらしい。

一方で西洋では「我思うゆえに我あり」で
関係性云々以前にまず「我」があるとされている。
(これが大いなる誤解の始まり・・・)

その西洋人がこんな結論を導き出したってことは
とても興味深いことだと思う。

ましてや私たちにほんじんにとって
「関係性は全て」と言ってまちがいないように
思えます。




[PR]
by shigezo09 | 2018-09-17 10:29 | 音 音楽 | Comments(0)
<< 現場から 朝靄ははれて >>