ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

<   2018年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春山わらう





現場のまわりの落葉広葉樹がいっせいにわらった。



c0212823_12080565.jpg



建物の方は土壁の下地となる
竹小舞を編み始めてます。



c0212823_12082775.jpg



どの方向を見ても新緑というのは
きもちのいいものです。



c0212823_12475630.jpg




つぎは紫陽花の梅雨かな?



c0212823_12094650.jpg

[PR]
by shigezo09 | 2018-04-27 12:50 | 木の家 古民家 | Comments(0)

「石場だての家」 建て前(二日目)




2日目は朝から登り梁を入れていきます。



c0212823_12410610.jpg



あっという間に屋根のカタチがあらわれました。



c0212823_12411822.jpg



まだ朝の9時半。


野地板を張っていきます。



c0212823_12395839.jpg



ものすごい早さで張られていきます。



c0212823_12394758.jpg



笑いの絶えない
とてもいい雰囲気



c0212823_12393363.jpg



夕方までにはすっかり
家らしい感じになりました



c0212823_17044640.jpg



すばらしい職人さんたち

思い出深い棟上げとなりました。



(おしまい)



[PR]
by shigezo09 | 2018-04-04 20:44 | 木の家 古民家 | Comments(0)

「石場だての家」 建て前(初日)





建て込み初日。

このところず〜〜っと天気に恵まれ
(例によって「記録的」なんだそうな)
現場への材料搬入も天候に左右されることなく、
前日までの仕込みもバッチリで
当日の朝はこれまたすばらしい快晴。



c0212823_18363852.jpg



ハリマ方向の門/鳥居型フレームを
奥から順に立ち上げ桁方向の足固めでつないでいく



c0212823_18371845.jpg



桁方向の足固めは通し柱で「車知」引きならぬ
「込み栓」で締める仕口でつながっていく。



c0212823_18393069.jpg



最後は西端通りで出隅の通し柱部分
ここはひときわ大きなサイズの石が据えられている



c0212823_18440820.jpg



反対側は玄関框あたりで
二段目の段板(古材)が仕込まれているとこ

家の大きさからして慎ましい広さの玄関だけど
この段板(二段)は踏みシロ・勾配ともに
ゆったりしたものとなっている。



c0212823_18471442.jpg



午前9時前にここまで進んでしまった。



c0212823_18490372.jpg



梁間のフレームセットが終わると桁の登場。



c0212823_12195650.jpg



4本継ぐことで全長17mの桁になります。



c0212823_12201268.jpg



先が霞んで見えない・・・



c0212823_12202867.jpg



ロープは大きく開かれて2本吊り
ちょっと心配でしたがなんの問題もなかったね。



c0212823_12212400.jpg



初日の夕方までに棟木も納まりました。



[PR]
by shigezo09 | 2018-04-03 18:51 | 木の家 古民家 | Comments(0)

「石場だての家」 石のこと




建て込みの前に少し「時」を溯ってみよう。


日本の歴史のなかで
住居に鉄筋コンクリート(以下RC)の基礎が採用されたのは
ほんのこの数十年のこと。

RCの基礎を採用することで工期の短縮がはかられ
戦後の復興は加速された。

この合理化の過程で失ったものはなにか?


日本の歴史の中で
大きな文化的な転換点は
明治の文明開化と敗戦だ。

その転換の大きさは
人類の歴史における狩猟採取→農耕、手工業→産業革命
に匹敵するものとおもわれる。


今回の現場はそれら転換点の前にあった工法を
現代の文明の利器を使って再現したもの。

ぼくが大学を出て社会人になる
今から三十数年前頃には既に
RCが非エコロジカルな工法であることは
環境に関心のあるものには常識であった。

思い返せばそもそも僕がRCを離れ木造を始めたのも
環境/地球のことを意識していたから。


今回の現場を通じて今さらながら
「石場だて」とよばれるこの工法のシンプルさを実感した。

材料は基本的に「石」だけ。

これ以上にサスティナブルな工法はない。

しかもその可能性の広さ、、、例えば軟弱地盤への対応など
応用・自由度は計り知れない。


この優れた工法がどこでもふつうにできる日はくるのか??



c0212823_13201733.jpg



住居部分は盛り土をして水はけをよくしてあり、
建物桁通り下の特に荷重のかかる石から順に据えていく。

地表面に見えている石の下には
二種類の大きさの石が敷き込まれ
さらにその下には地質改良のために
焼き杭が打ち込まれている。



c0212823_12461854.jpg



重機で石を据えていく。

3次元でのミリ単位の精度の仕事を
重機でおこなう作業には
並外れた集中力・体力がいる。



c0212823_12454414.jpg




石はその全体の80%ほどが地中に埋め込まれている。




c0212823_12460279.jpg




遺跡発掘現場と冗談でよく言ってたけど
上に建物が載ってしまうのが惜しいくらいで

石の据えられた現場の「石」景色は
壮観と表現するのも言葉足らずに思えるほどだった。




c0212823_13350623.jpg



[PR]
by shigezo09 | 2018-04-03 13:40 | 木の家 古民家 | Comments(0)

コブシ、ミツマタ




早くも閑話休題・・・(笑)

現場周囲の雑木林を眺めるとコブシとミツマタの白い花がみえる。




c0212823_18163554.jpg
(みつまた)



ミツマタはそれほど高くはならないが
コブシは10m以上の高さに育つので
花も高〜いところに咲いている。

このコブシの花は品のある優しい香りがするんだけど
樹皮をめくるとミントの香りがする。

そういえば春の雑木林は独特の芳香が漂っている。
針葉樹の森の中とはやはり違います。




c0212823_18135002.jpg
(こぶしの花弁)


現場裏の雑木林に立つコブシも樹高が十数メートルくらいあり、
わりと真っすぐな幹なんだけど
wikiで調べたら「皮付きのままで茶室に用いる」とあった。

偶然にもこのたび上棟した家の居間には
コブシの独立柱が立っているのでした。


この3日間の建て込み風景は
ボチボチアップしていきます。





[PR]
by shigezo09 | 2018-04-01 20:50 | 木の家 古民家 | Comments(0)