ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

<   2018年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

珈琲をサイフォン式でいれてみた・・・

c0212823_06503516.jpg

c0212823_08144042.jpg

c0212823_08144678.jpg

c0212823_08145403.jpg

c0212823_08145919.jpg

c0212823_08150592.jpg

c0212823_08162645.jpg

c0212823_08163014.jpg

c0212823_08163777.jpg

c0212823_08164365.jpg

c0212823_08165086.jpg


というわけで無事にコーヒーは飲めました。
サイフォン式でわざわざ入れるほどのことがあるのか?
お味の方は普通のドリップ式とほぼ同じかな。

それより入れた後の洗いがちょと大変だった。
というのも炎の煤がものすごくて
ガラスの表面にこびりついたのを
取るのはかなりの手間だった〜

でもヨットで暮らしてた頃を
思い出したりできたし
何より目の前でポコポコと
音をたてながら液体やら泡とか
うごめいて目で楽しめるのが面白かった。


ところでポッドキャストでラジオを聞いていたら
「万引き」についての専門家の話があった。

万引きをするのは若い女性と老人男性に多いそう。
どちらも犯行後の取り調べで
「寂しかったから」と話すそうです。
孤独が万引きへのトリガーを引く。

そういえばフリーダイビング・イルカ人間で有名になった
フランスのジャックマイヨールは
最後は自殺しました。
彼の晩年は孤独なものだったようです。

メディアに出まくり
派手な暮らしをして
最後は・・・




[PR]
by shigezo09 | 2018-09-29 06:50 | 食 農 | Comments(0)

室生産の蕎麦粉




今日は久しぶりに蕎麦会(プチ)。

なんと室生産の蕎麦粉が手に入ったんだけど
売り場のレジでおばちゃんが
「この蕎麦粉は私も打ってみたけど
全然ダメだったのよ」と話してくれて
「よーし、それじゃあ秘伝の技をつかって、、、」
などと決意したんだけど
結果はどうなったか?



c0212823_19192901.jpg

c0212823_19193560.jpg



このあと、切って茹であげるとこまでは
なんだかいけそうだった。
でもこねているときに
明らかに粉の感じがおかしかった。
茹でるとバラけそうな
そんな感じ。

はたして
やはり
結局

茹であがった蕎麦は
ザルに移す前に
長さ1cmにも満たない長さに
バラバラになってしまった!

秘技その一「熱湯打ち」は
ダメでした。

客人に申し訳ないことをしたので
来週「秘技その二」で場所も変えて
もっかい蕎麦会やり直すことに決定。


ところで歩きびとフミさんのブログは
ぼくもとても楽しみにしてることを
前にもかいたけど、

今回の記事は最高に素敵だったから
リンクを貼っておこう。


じゃまたねー




よーし、

[PR]
by shigezo09 | 2018-09-27 19:19 | 食 農 | Comments(0)

焙煎




c0212823_08065292.jpg



このところ客人が続いていて
昨日もとても個性的で素敵な
方々がいらしてたんだけど、

1組は夜の部だったということもあり
いや、そういう理由ではないんだけど
生きることについての
少し突っ込んだ話をして
おおいに盛り上がった。


その客人の奥さんは海外居住経験が豊富で
相棒さんともこの惑星のどこかで
知り合ったそうなんだけど

アフリカのソマリアに
3年ほど暮らしていたことがあり
そこでのソマリアの方々の生き方が
その後の彼女の人生に
絶大な影響を与えたとのことだった。


僕も本か何かで
ソマリアという国の人々が
「分かち合う」ことを
ごくごく普通に日常的に行って
暮らしているということは知っていた。
理想的だなぁと思っていた。

それはおそらく150年前までの
この今はニホンと呼ばれている地域でも
当たり前に見られた景色だったのかもしれない。


先日アップした内容で
生きていく上で何が大切かって
「人間関係」ほど大切なものはないと書いた。

ほどほどの食べ物と歯ブラシと着替えとタオル
雨露をしのげるスペース
なんでも話せる友人、家族、ご近所
そして自然
これが揃えば万々歳なのです。

スマホもインターネットもなくたって
な〜〜にも問題

むしろこれらが揃ってないと
だんだんと心が枯れていくように
感じます。

西洋文明社会が
「発展途上国」と表現する
非文明的ソマリアのような暮らしと
西洋文明社会的な暮らしを
どーにかこーにか
まとめあげていく







[PR]
by shigezo09 | 2018-09-27 08:06 | 食 農 | Comments(0)

糠漬け

c0212823_07311464.jpg


[PR]
by shigezo09 | 2018-09-27 07:30 | 食 農 | Comments(0)

現場から

c0212823_07261786.jpg

c0212823_07263215.jpg

c0212823_07264805.jpg

c0212823_07270172.jpg


[PR]
by shigezo09 | 2018-09-27 07:25 | 木の家 古民家 | Comments(0)

室生山上公園芸術の森 野外ライヴ 'Buttering Trio'



c0212823_20574315.jpg

c0212823_20582009.jpg

c0212823_05055737.jpg

c0212823_20592244.jpg

c0212823_21001047.jpg

c0212823_21015277.jpg

c0212823_21031551.jpg

c0212823_05070123.jpg

c0212823_05092151.jpg

c0212823_05073303.jpg

c0212823_21201971.jpg

c0212823_21222981.jpg

c0212823_21224239.jpg

c0212823_21225797.jpg

c0212823_21230799.jpg

c0212823_21232294.jpg



動画もアップ予定です!




[PR]
by shigezo09 | 2018-09-22 20:56 | イベント | Comments(0)

web site 更新前の生原稿



もうじきうちのwebsiteを全面改訂してアップデートします。

それに先駆けて新たに書き加えたページを
期間限定公開ということでアップします。
(新しいwebsiteでは日本語はなくなります)




Philosophy behind design

Hybrid Japanese/接ぎ木のような日本人


Japan, which had been isolated until about 150 years ago, was "open" and the Japanese government told the public to abandon traditional Japanese culture and to incorporate western style living.

約150年前まで鎖国していた日本は「開国」し、日本政府はそれまでの日本の伝統文化を捨てて欧米式の暮らしを取り入れるように国民を指導した。


It has been importing of the industrial revolution, living such as food, clothing, food and shelter, etc., baking bread, eating Western food, wearing clothes, killing a traditional skilled carpenter, and even banning traditional rural festivals was.

それは産業革命の輸入を始め、衣食住といった暮らし全般に及び、パンを焼き、洋食を食べ、洋服を着て、建築では大工職人を抹殺することであり、地方の伝統的な祭りさえも禁止するようなものだった。


It was also to learn ‘Science’ established by dividing human and nature without Christianity.

それは人間と自然を分断することで成立する自然科学をキリスト教抜きで学ぶことでもあった。


For Japanese who had never been separated from nature,‘Science’ did not occur.

自然と分断されることのなかった日本人には自然科学など発生しようがなかったのだが。


And Japan as a defeated country in the Second World War, decided to throw away traditional Japanese things himself.

そして第二次世界大戦で敗戦国となった日本はさらに自ら伝統的なものを捨てた。


In the postwar Japan, the culture of the United States, which can be said to be a sharp point of the Western civilized countries, and individualism has been imported.

戦後の日本には西洋文明諸国の先鋭国とも言えるアメリカ合衆国の文化、そして個人主義が押し寄せてきた。


The Japanese became a hybrid of Oriental and Western In this way.
The Japanese is like a graft planted with Western on the rootstock of Japanese mind.

こうして日本人は東洋と西洋のハイブリッド種になった。
日本人は和の心の台木に西洋が植え込まれた接ぎ木のようなものだ。


Now Japanese people gather information of "nearby" on the Internet like other "developed countries" people, we measure people with annual income, live in a house made of materials mass produced at the factory, dress and frozen and are living convenient and comfortable living.

今や日本人もその他「先進国」人と同じようにインターネットで「近く」の情報を集め、年収で人を計り、工場で大量生産された資材で作られる家に住み、服を着、冷凍食品を食べて便利で快適な暮らしを営んでいる。


Instead, we almost lost the rich nature and the societies without disparity, the most sophisticated traditional things that certainly existed 150 years ago. In addition we are almost losing even our mind.The rootstock itself is about to decay.

その代わりに私たちは150年前には確かにあった豊かな自然、格差のない社会、伝統的なものの中でも最も洗練されたものをほぼ失った。さらに私たちは私たちの心さえもほぼ失いつつある。台木そのものが朽ち果てようとしているのだ。


In the past decade ‘Neo - Liberalism’ has emerged as well as the United States, the country 's GDP has increased, the annual income per capita has decreased, the gap between rich and poor has expanded.
(Twenty years ago, Japan was the country with the least disparity in the world, but now it has become a disparate big country like the United States)

この10年間で新自由主義がアメリカ同様に台頭し、国のGDPは増え国民一人当たりの年収は減り、貧富の差は拡大していった。(20年前には日本は世界で最も格差の少ない国だったが今やアメリカ同様の格差大国となった)


Citizens are losing "individuals" in front of the spread of globalism, the magnificent multinational corporations and the overwhelming power due to the right-handedness of developed countries, but that is the same in Japan.

先進各国の右傾化、強大な多国籍企業によるグローバリズムの広がりによって市民はそれらの圧倒的な力の前に「個」を失いつつありますがそれは日本においても同じです。


The Western society that loudly shouts ‘love’ only seems to have come to be the society with the least love. Is such a society sustainable?

声高に愛を叫ぶ西洋社会は彼らこそが最も愛のない社会に成り果てているようにしか思えません。そのような社会がはたして持続可能なものでしょうか?


People succumb to that system by giving up to fear without following the hearts of myself if we have a mighty system / power / organization.

人は強大なシステム/パワー/組織を前にすると自身の心に従わずに怖れに屈してそのシステムに隷属するものです。


Are we really hoping to continue to live like this way?
Is not it obvious that we will just become "rootless rice"?

私たちは本当にこのままこのような暮らしを続けていくことを望んでいるのでしょうか?
私たちはただの「根無し草」になるのかもしれません。


What we have to deal with is not to return to tradition nor to be buried in the West, it is to integrate them.

私たちが取り組むべきことは伝統に還ることでもなく西洋に埋没されることでもありません。


As for the architecture, Japanese should reevaluate the traditional construction method that has been ignoring for 150 years and we’d better to integrate into what is appropriate for a new era.

建物ついて言えば、私たち日本人はこの150年もの間無視し続けてきた伝統的な工法を再評価する必要があります、、、そして新たな時代にふさわしいものへと統合すべきではないでしょうか?


If we do not lose the consciousness that our Japanese people had in the past, we may be able to disseminate the answers to become a truly sustainable society to the world.

私たち日本人が昔に持っていた意識を失わなければ本当に持続可能な社会になるための答えを世界に発信できるかもしれません。


[PR]
by shigezo09 | 2018-09-18 22:10 | Comments(0)

現場から

c0212823_17592620.jpg

c0212823_17593961.jpg

c0212823_17595741.jpg

c0212823_18001033.jpg

c0212823_18002881.jpg

c0212823_18011248.jpg


[PR]
by shigezo09 | 2018-09-18 17:58 | 木の家 古民家 | Comments(0)

朋あり遠方より来る




学生時代に組んでいたバンドのメンバー達が
東京からはるばるお山の家を
訪ねてくれた。

皆、音楽が大好きな人
好きで好きでたまらなくて
Bostonというプログレッシヴ系ロックの
バンドの音楽がみんな好きでした。

そんな
音楽抜きでは生きていけないような
人間が実に38年ぶりに全員が顔を揃えた。
まことに惑星直列レベルの出来事。



c0212823_10300988.jpg



皆それぞれの道をあゆみ、
凡そたいていの経験も積んで
もはや何事にも動じることはないような
そんなお年頃の4人なのですよ。
(ほんまかいな?)(笑)



c0212823_10301669.jpg



4人のうち3人は建築を学んでいたもので
いまひとりは経済学部出身。



c0212823_10302407.jpg



その彼は現役の「ロッカー」で
音楽を「趣味」で楽しむのとは
生きさまからして違いますね。

大学時代のときと今とでは
彼の声が違ってました。

学生時代には口先から出ているような声だったのが
今は体全体が振動している。

そして素晴らしいヴィヴラートまで
かかります。

おっタマびっくらこいてしまいました。

そう、声は人を表しますね。

その人の知性その他諸々がはっきり出ます。



c0212823_10302849.jpg



なんでまたそんな4人が集まったのか?

にほんの行く末を案じて
行動を起こすべく
集まった
・・・
んなわけはなく(笑)

どうしてだったか
忘れちゃった!(笑)
(バンド再結成の理由が?なのです)



c0212823_10303491.jpg



僕はこの集まりのために
ドラムセットを購入し、

家を多少改造して
うちら専用の古民家スタジオを
こしらえました。
(先ほどらい使っている「うち」は
京都弁どすえ〜)

といっても
二間ほど建具を取り払い
モノを片付けただけなんだけど(笑)

でも出来上がった空間には
120%満足、いや感動しました。

ひょっとしてこうなるべくして
この家は200年近く前に建てられた?



c0212823_10305960.jpg



日中は練習と昼寝

夜ともなればやはり
懐かしい曲のオンパレード

70、80年代の洋楽を
コードどころか歌詞(E)まで全部覚えて
いらっさる・・・さすが


こ難しい話はせずに
来年の秋に行うであろうライヴにする曲について
学生時代にやった曲に加えて新曲を作るか否か

作るとしたらどういう方向性にするか?

酒を飲むにつれ
話はちゅう〜しょ〜てきに
素晴らしい方向へ向かいましたが
(僕にはそう思えた)

残念ながら翌日は綺麗さっぱり忘れてた模様。
いや、忘れたかどうかはまだわからない。



c0212823_10310576.jpg



滞在2日目の昼
ちょうど近くのカフェ'fufufu'で
前からとても気になっていたライヴが
お昼過ぎからあると聞いて
皆で駆けつけました。

それはヨーロッパで即興音楽を学んだギタリストさんと
東京芸大出身のチェロ奏者さんのDuo。

行く前から静かなワクワク感で一杯でしたが
実際に聞きに行って・・・
おおいに感動

こんな音楽を身近で聴けるなんて
俺ってイ〜とこ住んでるな〜って
しみじみと思いました・・・。
(あかりちゃんのおかげですね)

このところ毎日
新しい素晴らしいアーティストに出会って
気分はとてもハイになってます。

いや何がすごかったって
昨晩の「これから」の話を受けて
このライヴに完璧なつながりが感じられたから。

ものすごいシンクロニシティ



c0212823_10311099.jpg



ライヴの後のスタジオでの練習中に
僕はまたまたドラムのセッティングを
変えました。

バスドラの上のタムを一つにして
学生時代の頃と同じ仕様になりました。

やっぱりシンプルなのがいい。

ちなみにあのmanu sijaさんの
ドラムもとてもシンプル。
今の僕に彼のドラミングはとても叩けませんが。
音楽と人間が一致/フルシンクロしないとね。


2日目の夜・・・
といっても2日目の夜は最後の夜でもあったりして
なんだかもう終わりのムードなんだけど
なんせ移動時間が往復で十数時間になるから
さすがにみんな(僕以外)お疲れモードで
たったの3日じゃ全然足りない。

それでもなんとか沈没せずに
ギターの彼(ていうかギターは僕以外みんな弾けます)と
初めて二人きりでゆっくり話しました。

彼は仙台に2年間赴任していて、
その時どれだけ東北という地が素晴らしかったか
東北人が素晴らしかったかを淡々と語ってくれました。

彼は今、都内山手線内のマンションに住んでますが
そのすぐ近くに宮沢賢治さんが妹さんの見舞いのために
訪れていた病院跡地があるそうで、

その事実を知っただけで彼は翌日には
花巻へ向かったそうです。


人の体型にはその人の暮らしが出るそうです。
この4人は誰もお腹は出ておらづ、
いや、みんなとにかく学生の頃と
ハートは全く変わってないのです。

荒波に打ち勝つタフな精神
それが「うちら」の取り柄のようなものか?



c0212823_10312157.jpg



こんな風に簡単にまとめちゃったけど
とにかく最強な連休でした。

今度はいつできるかな〜・・・


それにしてもバンドをやってたからこそ
こうしてまた会うことができました。

かけがえのない友達といって
いいんじゃないか?


TEDでヒトの健康と幸福を決定する
因子についてのハーバード大学による
75年に渡る追跡調査の結果が報告されてましたが
その答えは明快でした。

それは「良い人間関係」

相棒、友人、近隣の仲間たちとの
親しい関係

お金でもモノでもない

相棒、友人、近隣の仲間たちに
恵まれた人は健康に長生きし
幸せを実感しながら生きていけるという
はっきりとして傾向が見られたそうです。

(前にも載せたけどあまりにも大切な話なので
これまた何度でも載せます)







「関係性」は仏教では
自己を決定づけるものとされており、

つまり関係性がなければ自己は存在しえない
ということになるらしい。

一方で西洋では「我思うゆえに我あり」で
関係性云々以前にまず「我」があるとされている。
(これが大いなる誤解の始まり・・・)

その西洋人がこんな結論を導き出したってことは
とても興味深いことだと思う。

ましてや私たちにほんじんにとって
「関係性は全て」と言ってまちがいないように
思えます。




[PR]
by shigezo09 | 2018-09-17 10:29 | 音 音楽 | Comments(0)

朝靄ははれて




c0212823_06380240.jpg



鹿様のお通りになった跡



c0212823_06395292.jpg



朝靄もかなり晴れてきた



c0212823_06381331.jpg



やはり柿が気になる・・・(笑)



c0212823_06381840.jpg

c0212823_06391240.jpg



更新は火曜日までおやすみかな?
はっぴ〜ホリデイずエヴィリバでぃ!



[PR]
by shigezo09 | 2018-09-15 06:37 | 今日の景色 | Comments(0)