ブログトップ

お山の里でぼちぼち暮らす

shigezo09.exblog.jp

あきさみよー

ここんとこ雨ばかりで敷地内の草が伸びること伸びること・・・。
きょうはなんだか久しぶりに雨じゃなかった感じで敷地内を見回すと、この前刈ったばかりなのにもおうんざりするほど伸びてるじゃないか・・・。

ちょいと草に押され気味のこのごろですわ。

しかしこの「なんとか設計」だの「断熱材」だのの広告はなんとかならんかな?
[PR]
# by shigezo09 | 2010-07-10 21:41 | 木の家 古民家 | Comments(0)

ひさしぶりのさんぽ

ここんとこ忙しかったり雨だったりでずっと行けなかった/行く気にならなかった散歩にひさあ〜しぶりに出た。まずは振り向いて・・・カシャコ(古いデジカメのシャッター音)
c0212823_18325482.jpg
西日をあびるタバコ乾燥小屋と倉庫。久しぶりの青空もすてきだ。(白黒じゃわからんつーに)杉林の急斜面を上がるとうちよりさらに天上界に近い集落に入っていきます。
すると道の真ん中にネコが・・・
c0212823_18352052.jpg
なんとのんきな。
もう少し登ると左手に工事中断してる家が見えてきます。
c0212823_18371532.jpg
といっても木の陰に隠れてわかりにくいな。
さて峠を越えるとそこには古建具が捨てられてました。
c0212823_18385863.jpg
障子がある。欲しいなあ〜。持ち主を捜そう。
そしてぼちぼちここからは下り坂になり、やがて珍しい茅葺き/入母屋の蔵?があらわれます。
c0212823_18402897.jpg
かなり傾いてます。現行建築基準法的にはoutか? ちょっと寄ってみます。
c0212823_18425849.jpg
おおきな亀裂がはいってます。つぎは別の角度から
c0212823_18435966.jpg
さらにさらによって見ますと・・・
c0212823_18444086.jpg
出隅は竹がマルのままで使われてます。土が滑りやすい=土が付きにくいからあまり具合よくないとおもうんですが・・・。土には藁がかなり残っているのがわかります。壁土が「三枚おろし」になっているのもよ〜くわかりますねい。蔵見学はこれくらいにしてさらに降りていきますと・・・
c0212823_18475012.jpg
なんじゃこら? 実はこれ、珍しい鳥がいたので撮ったつもりがこんなんなっちゃって! なかなかカラフルで大きさはハトくらい。鳴き声はぎゃーぎゃーと品のない感じ。尾が長かったなあ。アカゲラ系かな?

さあもう家も近くです。またなにがなんやら?な写真。
c0212823_1850555.jpg
これ実はぽとぽと落ちている梅の実を撮ったんだけど。今日の散歩コースには数本の梅の木がありましたがそのうち道に実が落ちているのが何本かあってポケットには二十個くらいはいりました。(梅は蜂蜜に浸けて梅シロップにします。)で家に帰ってきました。
c0212823_1925784.jpg
家に帰ったらあちこちで小さなアリンコが大行列してまして・・・。
[PR]
# by shigezo09 | 2010-07-04 19:11 | Comments(0)

ベッドができまして・・・

ベッドができた。
c0212823_8255016.jpg
強度試験もクリアーして(座ってゆすっただけ)あとは梅雨の晴れ間に納品だ。
セミダブルサイズなので約2.2m*1.2mあるけどバラバラにできるので運ぶのはラクチン。

さてこのベッド、床はスノコ仕様なので布団を敷いたままでも湿りにくくなっている。板の厚みは4cmあるのでそのどっしり感がよろしい。スノコでなくてもかまわなければ工作手間が少し減るのでもちっと安くできる。

こうして自分で作ってみたりすると家を建てるということが実はものすごく創造的で楽しくてエキサイティングなことだと想像できる。むかしの生活には衣食住のすべてにそういったことが含まれていたのにもったいないことだ。

うちでは「自給自足」などと大層なことは言わずに無理のない範囲で自分でできることは材料から手がけるようにしている。

家とはいわず、せめて小屋でも建てないのだけど既に建っているんだよなあ〜・・・ちょっと残念。というわけであまりきれいきれいでなくてもいいから杉の家を建てたい方はご連絡いただければ設計士自ら割安で刻ませていただきます。(ただし拙宅から一時間以内に限らせていただきます)

*ところでなんだか昨日から変な?広告がテキストの下に入るようになった・・・もうこのブログはやめようか・・・
*土壁の魅力をここで見てちょ・・・http://kino-ie.net/somosomo_071.html
[PR]
# by shigezo09 | 2010-07-02 08:39 | 木の家 古民家 | Comments(0)